◆日本初のユネスコ世界記憶遺産になった、炭鉱絵師・山本作兵衛のドキュメンタリー「作兵衛さんと日本を掘る」。監督の熊谷博子さんと、田川市のトンネル内に作兵衛さんの作品を模写した絵を描いている、北九州市在住のイラストレーター黒田征太郎さんをゲストにお迎えし、シネマトークを開催致します!

作兵衛さんと日本を掘る

日時:7月7日(日) 14:40~
※12:35~「作兵衛さんと日本を掘る」上映終了後
会場:2号館
登壇者:熊谷博子監督・黒田征太郎さん
※当日の映画鑑賞料金にてご覧いただけます。

【鑑賞料金】
一般¥1,800/シニア(60歳以上)¥1,100/大高生¥1,500/中学生以下(3歳以上)¥1,000
<シネクラブ会員>¥1,100

7/7(日)上映スケジュール 上映時間
君は一人ぼっちじゃない 10:30~12:25
作兵衛さんと日本を掘る 12:35~14:30
★シネマトーク★ 14:40~
君は一人ぼっちじゃない 15:20~17:15
作兵衛さんと日本を掘る 17:20~19:15

※「君は一人ぼっちじゃない」・「作兵衛さんと日本を掘る」鑑賞料金別。(2本立てではありません)

熊谷博子監督
熊谷博子(くまがい・ひろこ)
1951年4月8日生まれ。東京都出身。1975年より、番組制作会社のディレクターとして、TVドキュメンタリーの制作を開始。戦争、原爆、麻薬などの社会問題を追う。『幻の全原爆フィルム日本人の手へ』(1982)など。85年にフリーの映像ジャーナリストに。
日本最大だった三池炭鉱の歴史と“負の遺産”の意味を問いかけた『三池~終わらない炭鉱(やま)の物語』(2005年)で、JCJ(日本ジャーナリスト会議)特別賞、日本映画復興奨励賞を受賞。
TV番組『三池を抱きしめる女たち』(2013)では、放送文化基金賞・最優秀賞、地方の時代映像祭奨励賞など受賞。

黒田征太郎さん
黒田征太郎(くろだ・せいたろう)
1939年大阪生まれ。米軍軍用船乗務員など多くの職を経て、1969年長友啓典とK2設立。1994年「野坂昭如/戦争童話集」映像化プロジェクト開始。2004年よりPIKADONプロジェクトを展開し、国内外でライブペインティング・壁画制作・絵話教室等幅広く活動中。2009年ニューヨークより、福岡県北九州へ居を移す。