今年で創業81周年。選りすぐりの映画を2本立てで上映。旦過市場すぐ近く|北九州市小倉北区魚町

昭和館の歴史

小倉昭和館は昭和14年(1939年)にオープンし、今年で80周年を迎えます。
こちらではその歩みをご紹介致します。

昭和14年~ 小倉昭和館創業(映画館兼芝居小屋)創業者樋口勇
・座席数600席、スクリーンは1つ。映画は邦画のみ上映。姉妹館として、三萩野に日活劇場、金田に朝日館、城野に東寶館があった。歌手の藤山一郎は昭和館で招集令状を受け取った。戦時中、朝日館、東寶館は閉館。
昭和30年代~ 映画全盛期
・東映作品を上映。昭和館他3館を営業。(三萩野・日活館、東宝富士館(第二東映)、木町・木町東映)
昭和40年代前半 昭和館パチンコ店併設
・座席数を減らし、パチンコ店を併設。現在の昭和館1号館、2号館の2館に分けられた原形。姉妹館は閉館を迎える。
昭和40年代後半 映画不況時代
昭和57年 パチンコ店閉店
平成元年~ 洋画の上映
・東宝洋画系の作品を中心に、洋画の封切作品を上映。昭和館1号館、2号館の2スクリーンで上映開始。
平成8年~11年 昭和館第二次興行全盛期と改装
・人気テレビアニメの映画版の大ヒットが続き、昭和30年代以来の高い動員を記録。座席の増設、内装など数回の改装を行う。
平成13年 昭和シネクラブ会員制度導入
平成16年 シネマコンプレックスの進出などにより、
「既存一般上映館」として市内で唯一となる。
平成21年 創業70周年を記念し、女優有馬稲子さんのトークイベントを行う
平成25年 昭和館1号館にデジタル上映機器(DCP)導入。昭和館2号館にブルーレイ上映機器導入。
※35mm映写機も存続。
平成26年~ 創業75周年を機にイベントを多数開催。
・芥川賞作家の田中慎弥さん、直木賞作家の葉室麟さん、佐々部清監督、マラソン銀メダリストの君原健二さん、リリー・フランキーさん、栗原小巻さんなど、多くの方々のトークイベントを実施中。

お問合せはお気軽に。 TEL 093-551-4938 受付時間9:00-21:00

昭和館の歴史
過去のイベント情報
Instagramはこちら
Facebookはこちら
twitterはこちら
ホテルクラウンパレス小倉 シネマ&ステイプラン
PAGETOP
Copyright © 小倉昭和館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.